ハードで乱視矯正

MENU

ハードは乱視矯正が得意?

ハードレンズのいいところは目が呼吸しやすい、乱視が矯正されやすい、安いの3点です。
乱視が矯正されやすいのは本当ですが、逆に乱視が矯正されにくい場合もあります

 

乱視は目の丸さにばらつきがあるから起こります。
玉子にも丸さがあるが見る方向によって丸さのばらつきがあります

 

目玉の上面のレンズと目の中の虫眼鏡はどちらのレンズも丸さのばらつきがあって、通常はお互いがそれを打ち消すか、打ち消さない場合は少しだけ目の上面のレンズが勝って乱視の症状になることが多いです。

 

そしてハードが得意図する乱視は目の上面のレンズのばらつきに大してだけなのです。
それはハードと目の表面のレンズの間に涙があって、その涙がレンズの代わりをします。そして涙の丸さのばらつきは必ず目の表面のばらつきを帳消しにするばらつきになります。

 

そうすると目の中の虫眼鏡のばらつきが残ってしまいます。
目の中の虫眼鏡のばらつきがあればあるほど、ハードを入れることで乱視の症状がひどくなることもありえます。

 

そんなハードで矯正できない乱視には乱視用のハードもあります。
取り扱っている場所が少ないので、確認をするといいでしょう。
もちろん乱視用のソフトもありますが、ハードユーザーはなるべくハードにしたほうがいいです。
もし無理ならソフトもためしてみるといいです。

 

>>トップページへ戻る