眼科の選び方

MENU

眼科を選ぶまえに読んでください。

コンタクトを専門としている眼科には必ずといってよいくらい、隣接した場所にコンタクト販売店がある。
こういった眼科では、看護師や視能訓練士といった医療従事者が医師の指導の元で検査をするのではなく、隣接するコンタクトレンズ販売店(眼科と提携している)のスタッフが検査していることが多い。

 

だから、【目に良い】とか言いながら、実は利益の取れるコンタクトを押し売りしてくれる。
それから、コンタクト店と眼科が隣接していても実態は経営者が同じところもある。

 

そういう店はレンズが安い。コンタクト販売店と眼窩でスタッフを使いまわせることと、眼科診療で儲けが出せるのでコンタクトの価格を安くできる仕組みだ。
コンタクト店で販売をしているスタッフが病院で検査業務をしているところは、少なくともどちらかに当てはまる。

 

業界全体が暗黙の紹介をしている。なぜこのような仕組みになるのだろう。
それは、コンタクトレンズは【医療機器】といいながら、医療という分野になじまないからです。

 

特に美容的性質があるから、そんなものに保険財源をつかうのはけしからんということになります。
しかも【医療でお金儲けをしてはいけない】という風潮にもなじまないです。

 

この風潮の中では、病院内で販売してはいけなくなります。
だから販売店と眼科とに分離させる必要があります。

 

商品の数があるだけその知識が必要です。そこで、販売店と契約して、隣から来てもらえばいいということになります。
販売店は利益を取りたいから利益率の高い商品を進めます、眼科は看護師や視能訓練士を雇うより、商品知識があってめがねの検査ができる職員が来てくれたほうが、人件費が助かります。

 

一般診療よりらくです。だから一時的コンタクト診療を専門とする眼科が増えました。
しかし、【お金儲けをしてはいけない】の元、診療報酬が下がりました。

 

これは皆さんの支払額が少なくなったことを意味します。眼科がコンタクトレンズ診療でやっていくには厳しい現状があります。
大真面目にコンタクト診療をやっている医者には気の毒です。

 

皆さんにお勧めしたいのは、できるだけ知人のコンタクトユーザーから、いろんな眼科の情報を集めてから、眼科を選択することです。
それから眼科にいって、スタッフがする他の患者さんへの説明を良く聞くことです。

 

みんなに同じ商品の説明をしているようなら、個人に適切な商品ではなく、売りたい商品を進めている可能性が高いからです。
きっぱり断る勇気も必要です。そのときの自分の目に合ったレンズを進めているか良く考えてみるといいでしょう。

 

>>トップページへ戻る